不眠症

不眠症の原因と対策<安眠グッズ・サプリメントで克服!>

わたしも不眠症に悩まされました。

はじめまして現在31歳の主婦をやってます。

 

私も最近まで不眠症に悩まされていた一人です。

 

不眠症になった原因は、仕事や出産からくるというストレスではなく「近所の生活騒音」です。

 

夜中にブォーーーーバリバリといったような音が真冬、真夏になり続けるのです…

 

古いエアコンのファンを使っているのか、よく分かりませんが、なんでそんな音が夜中に響き渡るのか?音源がどの家なのか?特定する事も出来ずに、ご近所付き合いもないので悩んでいました。

 

私の場合は生活騒音という「音」が原因だったので、窓を二重サッシの防音窓にリフォームし、さらに防音カーテンを設置するという力技で解決しました。

 

…お金は十万円以上吹っ飛びましたが(泣)

 

私が不眠に悩まされていた時に色々と調べていたら、同じように「生活騒音」で悩んでいる人やストレスによる不眠で悩んでいる人が多くいることが分かり、せっかくの機会だったのでホームページに調べたことをまとめてみました。

 

不眠の原因からパターン別に対策方法をまとめてみましたので、よかったら参考にご覧ください。

不眠症とは?

不眠症は一般的によく知られた病名ですが、その症状に関しては誤解されていることが少なくありません。

 

不眠症という病名を認識している人の多くは、睡眠薬を使わないと眠れない人や、全く眠れない人を不眠症だと考えているようですが、実際にはそうではありません。

 

たとえば寝付きが悪い、夜中に度々目を覚ましてしまうなどの症状も、不眠症の症状の1つだと言われています。

 

睡眠を全く取れないと言う人は少ないはずですが、上記のように寝付きが悪かったり頻繁に目を覚ましてしまう人は多いのではないでしょうか。

 

それらの人々は、自分が不眠症であるという自覚がないために、症状が悪化するまで気付かないケースが少なくありません。

 

思い当たる節がある場合や、上記のような症状が長期に渡って継続している人は、一度病院で診察を受けてみることをお勧めします。

 

不眠症は睡眠障害の1つですが、ストレス社会と言われる現代では、全人口の20パーセントが何らかの睡眠障害を抱えていると言われています。

 

自分には関係ないと思っていた人が、実は不眠症であったと言うケースも多く、また無自覚によって症状の慢性化や悪化を招いてしまったと言う人も多く見られます。

 

睡眠は毎日のことですから、症状が慢性化していると自分では異常に気付きづらいものです。

 

しかし、睡眠後も疲れが取れていなかったり、寝起きがすっきりしないなどの症状を日常的に感じているのなら、眠れているつもりでも実際には眠れていない可能性があります。

 

不眠症は誰にでも起こり得る病気ですから、異常を感じたら専門家に相談してみましょう。

 

不眠症の原因 一覧 
不眠症の対策方法 一覧

 

 

スポンサード リンク

不眠症の関連情報

メンタルヘスルに関するよくある質問/教えて!Goo
診断がないのに名乗ったら、やはりまずい?
2014年 10月 26日
場面緘黙症の症状があります。 しかし精神科を受診したところ、ろくに状況も聞かずに門前払いされてしまい、診断がありません。 (病院で小さな声で話せたというだけの理由です。状況によって話せないということは一切配慮されず、そのことについて質問もされていませんので、場面緘黙症ではないという証明にはならないと思

更新履歴